宿泊部門

ホテルの「顔」として
お客さまのニーズに沿う
サービスを提供していきたい。

赤堀可奈子  Kanako Akahori

2015年入社 
専門学校卒
ホテルメッツ溝ノ口 
フロント勤務

学生時代のアルバイト先店長に、接遇の良さを評価されたのをきっかけにホテル業界に興味を抱く。なかでも様々な形態のホテルを運営している日本ホテル株式会社へ就職。
学生時代憧れであったフロント業務を志望。
ホテルメッツ横浜鶴見で2年半勤務した後、現在はホテルメッツ溝ノ口にて勤務。

01.

ホテリエとして経験値を積み上げる
絶好の舞台。

私は入社の時から、ホテルメッツ勤務志望でした。ホテルメッツは、宿泊特化型のホテルです。ホテルメッツの魅力は、駅から直結・隣接という絶好の立地であり、リーズナブルな料金ながら、シティホテルクラスの空間とサービスを提供しているところです。勤務するスタッフはフロント業務のみならず、ホテルに関するすべての事に携わります。ホテル内外の施設等の情報や交通機関のご案内などのコンシェルジュ業務、ホテルの設備管理などさまざな顔を持ち業務を行っています。一人前のホテリエになるために、日常業務を通じ、いろいろな経験を積める環境は、私にとって絶好の舞台となっています。もちろん大変な事もありますが、日々成長の手応えを感じています。

02.

エレベーターのドアが開く瞬間から始まる。

フロントでの接客は、ホテル全体の印象を左右する重要な役割を担っています。お客さまと接する時間は限られており、いかに短い時間で好印象を持っていただけるか、ファーストタッチの重要さが求められる仕事だと思います。立ち居振る舞いや声のトーン・抑揚など、テクニカルな面も大切ですが、それだけでなく、いかにお客さまの気持ちに寄り添った対応が出来るか、お客さまのニーズを感じ取ることが出来るかも求められます。以前は、ハキハキと元気よく応対することを心がけていました。ですが年配の方など、お客さまによってはもっと柔らかい応対を求められていることに気づきました。「千人のお客さまがいれば、千通りの接客がある!」私たちホテリエは、それを瞬間的に読み取る事が必要です。私はいつも、エレベーターのドアが開く瞬間に今日一番の笑顔でお客さまをお迎えするよう心がけています。

ある1日のスケジュール

9:20

出勤

引き継ぎ・身だしなみチェック

9:30

チェックアウト業務・電話対応(お客さまからのお問い合わせ、予約など)
予約入力・宅配便手配

12:00

昼食

13:00

クローク業務・当日チェックインされるお客さまのご予約の確認
リクエストのある備品を客室へ用意

15:00

チェックイン業務

17:30

夜勤担当者への引き継ぎ

18:00

退勤

03.

お客さまから学んだことを、
お客さまに還元していきたい。

私は1年目の終わりから、夜間インチャージ(時間帯責任者)も担当しています。
夜間インチャージは、お客さまからのお問い合わせに終始対応するだけでなく、経営的な視点から稼動状況なども任されている業務になります。お客さまに安心してお寛ぎいただけるように夜勤業務に努めています。
ホテリエとしてのきらびやかな一面とは少し違うホテルの業務に触れ、新たにホテルで働くことの楽しさと奥深さを知りました。お客さまからいただいたお褒めの言葉やご意見が生かされ、快適にお過ごしいただけるホテル創りを私たちはチーム一丸となり行っています。私は、プロフェッショナルなホテリエとしてお客さまやスタッフから信頼される存在になることを目標としています。そのためにも、これまでの経験を糧に今後も成長を続け、お客さまから学んだことを、質の高いサービスというカタチにしてお客さまに還元していきたいと思っています。

Page Top