新卒採用 ENTRY

先輩INDEX先輩INDEX先輩INDEX TOPへ

宿泊部門の先輩宿泊部門の先輩
最適なサービス実現を目指し東京ステーションホテルの宿泊予約を最前線で仕切る醍醐味。宿泊部門 留目隆史 2001年入社 東京ステーションホテル 宿泊予約 マネージャー 最適なサービス実現を目指し東京ステーションホテルの宿泊予約を最前線で仕切る醍醐味。
宿泊部門 留目隆史 2001年入社 東京ステーションホテル 宿泊予約 マネージャー
Profile

文学部外国語学科卒。入社後、ホテルメトロポリタン宿泊部に配属され、フロントを6年間務める。その後、1年間帝国ホテルで研修。研修後、ホテルメトロポリタン、ホテルメトロポリタン丸の内での宿泊業務を経て、2012年3月から現職。小学時代から大学時代まで空手を、高校時代には水泳に打ち込んだスポーツマン。休日は二人の愛息と遊ぶのが何よりの楽しみだ。

My Star PointMy Star Point

あきらめない、忍耐強さが自分の持ち味。あきらめない、忍耐強さが自分の持ち味。

私のミッションは、適切な客室のコントロールをはじめ、プラン造成やWebサイト等によって多くのお客さまに宿泊いただき、確実に収益を確保することです。それらの業務は、自分の意志が強く反映されます。つまり、どこまでやるか、頑張るかは自分次第。自分に限界を設けずに、あきらめずに、とことん忍耐強く取り組むのが私の信条です。頑張れば頑張っただけの成果、やりがいを手にすることができると確信しています。

☆☆☆

入社7年目、帝国ホテルで1年間の研修新しい発見が自分を成長させた。入社7年目、帝国ホテルで1年間の研修
新しい発見が自分を成長させた。

大学時代の海外旅行の際に置き引きに遭った経験が、ホテル業界に目を向けるきっかけでした。私の緊急事態に対して、速やかに適切に対応してくれたのがホテルのスタッフ。現地で唯一頼れる存在でした。その気遣いや心配りに感動したものです。その経験から働く場としてホテルを考えるようになりました。

また、大学で学んだ英語を活かせる仕事であることにも惹かれました。日本ホテルへの入社を決めたのは、他のホテルと比較して自分の働く姿を想像することができたから。スタッフの動きを見て、そこに人間的な温かさ、優しさを感じたのです。入社後6年間は、ホテルメトロポリタン宿泊部でフロントを担当しました。チェックイン・チェックアウト業務をはじめ、当日予約の問い合わせの対応やツアーの手配など、宿泊のお客さまに対して総合的なホテルの案内を行う業務です。そんな私が帝国ホテルで1年間の研修に参加できたことはひとつの転機になりました。多くのことを学びましたが、特に顧客への深い理解の必要性、そしてホテルスタッフ間の密な情報共有がサービスの質を進化させることを再確認。ホテルマンとして着実に成長できたと実感しています。

ホテルビジネスの基盤を支える宿泊予約業務お客さまの大きな期待に応える使命感。ホテルビジネスの基盤を支える宿泊予約業務
お客さまの大きな期待に応える使命感。

2012年3月、新しく生まれ変わる東京ステーションホテルの宿泊予約に配属となりました。宿泊予約は、お客さまと最初にコミュニケーションを持つ業務であり、その対応がホテルのイメージを左右するといっても過言ではありません。予約は、電話をはじめ、ホームページや旅行サイト、eメール、FAXなど様々なルートで入ってきます。

それらを正確かつ迅速に処理するのはもちろんですが、お客さまに対する丁寧できめ細かな心遣いが求められます。また宿泊予約の業務は、単に予約を受け付けるだけに留まりません。お客さまが他のホテルと比較して宿泊先を検討している場合、電話等を通じて当ホテルの魅力を訴求し、宿泊客を確保するというセールス的役割も担っています。多岐にわたるホテルビジネスの中でも、ホテルの「客室」は基本的な商品。したがって宿泊客を確保するという宿泊予約業務は、ホテルビジネスの基盤を支えているといえると思います。東京ステーションホテルは2012年10月の改装オープンに向けて5月から宿泊予約を開始。しばらく予約の電話は途切れることがない状態が続き、現在も順調な予約状況が継続しています。お客さまからの大きな期待に応えることが、私の使命であると自覚しています。

留目隆史

客室コントロールによる収益確保とメンバーが働きやすい環境創造を目指して客室コントロールによる収益確保と
メンバーが働きやすい環境創造を目指して

私は宿泊予約の受付業務を遂行する傍ら、マネージャーとしての取り組みがあります。宿泊プランの企画や客室価格の検討などに加えて、最も重要なのが客室(予約)コントロール。コントロールすることによって目指すのは、より多くの客室を販売すること。

客室の数には限りがある以上、すべての予約を受け付けるわけにはいきません。またキャンセルも発生します。それを見込んで予約を取る必要もあります。予約状況を見極めて的確に判断していくことが求められる仕事であり、宿泊予約業務の醍醐味といえるもの。このコントロールが重要なのは、客室の稼働状況が収益に直結するからです。収益目標の達成こそが私のミッションであり、目標を達成したときに感じるやりがいが私の原動力。またメンバーが、お客さまからメールなどを通じて「ありがとう」という感謝の言葉をいただいたときなども、やりがいを感じます。マネージャーとして働きやすい環境作りに取り組んでいますが、そこから生まれたメンバーの意欲がお客さまに確かな満足を提供できたと思うからです。今後目指しているのが、様々な課題に対して自分なりの回答を持ち、より的確で迅速な決断を下せるマネージャー。宿泊予約のプロフェッショナルへ成長していきたいと考えています。

先輩INDEX TOPへ
One day Schedule
  • 9:00出社。前日の予約状況の確認、メールチェック。
  • 9:30宿泊部のマネージャーミーティング。当日のお客さま情報の共有、注意事項の伝達など。
  • 10:00団体のお客さまからのオーダーへの回答。フロントと連携して客室のコントロール。
  • 11:00数日から数週間先の予約状況を確認し、課題の洗い出しを行う。
  • 12:00昼食。
  • 13:00宿泊プラン造成の担当者ミーティング。
  • 15:00お客さまからのメール問い合わせへの対応。メンバーとの打ち合わせ。
  • 17:00明日以降の客室の最適なコントロールを検討。他部署との調整作業。
  • 18:00退社。
  • 先輩INDEX
  • 管理・営業部門
  • 管理・営業部門佐藤 大助 2009年入社
  • 管理・営業部門萱場奈津美 2008年入社
  • 宿泊部門
  • 宿泊部門留目隆史 2001年入社
  • 宿泊部門森下千愛 2012年入社
  • 宿泊部門吉野喬 2007年入社
  • 宴会・マーケティング部門
  • 宴会・マーケティング部門疋田伸五 2002年入社
  • 宴会・マーケティング部門竹本麻菜美 2008年入社
  • 料飲部門
  • 料飲部門松隈咲子 2008年入社
  • 仲川孝志 2008年入社
  • 料飲部門
  • 調理部門
  • 調理部門小林 明 2005年入社
  • 調理部門土屋 秀登 2008年入社
Home
  • Theme-1 STAR [個性の章]
  • Thema1
  • 私たちのホテル私たちのホテル
  • 先輩INDEX先輩INDEX
  • Theme-2 LINE [意思の章]
  • Thema2
  • PROJECT FILEPROJECT
  • 人材育成環境人材育成環境
  • 私のホテルマン人生ホテルマン人生
  • Theme-3 CIRCLE [共感の章]
  • Thema3
  • 採用メッセージ採用メッセージ
  • 会社概要会社概要
  • 募集要項募集要項
  • HOME
  • 新卒採用ENTRY
Home
ページトップへ