新卒採用 ENTRY

先輩INDEX先輩INDEX先輩INDEX TOPへ

宿泊部門の先輩宿泊部門の先輩
ホテルの印象を決める「顔」として、ホテル経営やブランド戦略の担い手として、現場の最前線で、ホテルを支える柱でありたい。宿泊部門 吉野 喬2007年入社 ホテルメッツ渋谷 副支配人 ホテルの印象を決める「顔」として、ホテル経営やブランド戦略の担い手として、現場の最前線で、ホテルを支える柱でありたい。
宿泊部門 吉野 喬2007年入社 ホテルメッツ渋谷 副支配人
Profile

大学で社会福祉学を学ぶ。ホテルメトロポリタンで出会ったベルスタッフに感銘を受けて、ホテル業界への就職を決意した。趣味はスポーツ。最近では、ボルダリングにはまっている。また現在勤めるホテルメッツ渋谷では、お客さまからの問い合わせに応えられるよう、近隣のほとんどの飲食店には自ら足を運び、自分自身がお勧めできる所をご紹介するという基本ポリシーを貫いている。

My Star PointMy Star Point

第一印象には、すべてが凝縮されている。第一印象には、すべてが凝縮されている。

ホテルのフロントとは、文字通りそのホテルの顔であり、日本ホテル全体にとっても印象を決定づける重要な役割を担っています。ホテルメッツ渋谷のフロントでお客さまをお迎えする際、ホテルのエレベーターが開いた瞬間から、ホテルの第一印象が決まるといっても過言ではありません。私が心がけているのは、「笑顔」と、「いらっしゃいませ」にやわらかい声を乗せる「笑声」です。ファーストコンタクトからお客さまに安心とホスピタリティを提供すること。第一印象は、私にとっては勝負の瞬間。私個人だけでなく、ホテル全体のすべてが凝縮されていると思っています。

☆☆☆

将来の道に迷った時、背中を押してくれたのはベルスタッフの優しい笑顔だった。将来の道に迷った時、背中を押してくれたのは
ベルスタッフの優しい笑顔だった。

高校時代には親の勧めもあり、将来は福祉関係に進もうと大学では社会福祉学を専攻しました。しかし、アルバイトでの接客経験から接客業にも魅力を感じており、正直、選択に迷っていました。そんな時、訪れたホテルメトロポリタンで、ベルスタッフの方の優しい笑顔とおもてなしに触れた時に、自分のめざす道が決まったように思います。

ホテルという特別な空間で、お客さまに特別な時間を提供できる仕事であることに魅力を感じたためです。その中で、日本ホテルを就職先として選択したのは、多数のホテルを有する会社であり、将来、一つの専門的な分野を決めて深く追求するという選択だけでなく、もっと幅広い分野で自分の可能性に挑戦していく選択もできるという、活躍のフィールドの広さを感じたからです。入社後は、希望していたフロントスタッフとして、ホテルメッツ赤羽を出発点に4ヶ所のホテル勤務を経験してきました。中でもホテルメッツ立川では、新規開業のオープニングスタッフとして1からホテルをつくりあげていく手応えを経験できたことが、印象に深く残っています。その後、2011年に現在の渋谷に異動し、昨年から副支配人を任されています。

特別な空間で、特別な時間を提供するために。副支配人はホテル全体のイメージ戦略を支える柱。特別な空間で、特別な時間を提供するために。
副支配人はホテル全体のイメージ戦略を支える柱。

ホテルメッツは、駅から直結・隣接という絶好の立地で、リーズナブルな料金ながら、シティホテルクラスの空間とサービスを提供するホテルです。そのため、ビジネスユースだけでなく、観光、行楽にも幅広くご利用いただいています。

特に、現在勤務しているホテルメッツ渋谷は、空港への交通の便も良く、海外のお客さまにも数多くご利用いただいているのが特徴です。私たちフロントスタッフは、ホテルのフロントカウンターでお客さまのチェックイン、チェックアウトの対応、電話によるご予約の受付けの他にホテル内外の施設等の情報や交通機関のご案内など、コンシェルジュとしての役割も担っています。また、カウンターからロビーに出て、お客さまにお困りのことはないかお声がけすることもあります。私が担当する副支配人の役割は、ホテルの統括責任者である支配人の指示のもと、ホテルで働くスタッフと建物全体をマネジメントする仕事です。例えば、スタッフに関することでは社内基準である「ビジュアルスタンダード」をもとに、髪型や身だしなみなどのチェック、あるいは部下・後輩の接客指導などを行っています。ホテルという特別な空間で、特別な時間と快適さをお客さまに提供することを目的に、現場の最前線で、ホテルメッツ全体のイメージを高める重要な責務を担っているという自負があります。

吉野 喬

経営的視点でホテルを捉え、ブランド戦略を支える。高度なビジネス感覚が求められる仕事。経営的視点でホテルを捉え、ブランド戦略を支える。
高度なビジネス感覚が求められる仕事。

ホテルメッツは、一般のビジネスホテルと異なり、価格競争だけで営業するホテルではありません。しかし、ビジネスである以上、近隣の競合ホテルを意識しなければいけません。副支配人には、お客さまにとってより利用しやすいホテルにしていくために、インチャージ(会計責任者)として、売り上げなど数字を管理する重要な役割もあります。

予約状況や競合ホテルの料金プランを参考に、ホテルメッツ本部(全18のホテルメッツを統括している部署)と支配人と相談の上、3カ月先までの客室販売管理や料金プランの設定を行うルームコントロールもその一つです。現在、194室ありますが、常に満室をめざすことはホテル経営上大切なこと。また、ホテルメッツ渋谷発信の新しいサービスの提案など、ブランド戦略の担い手としても、高いビジネス感覚が求められる仕事でもあります。今後は、より責任範囲の広くなる支配人をめざしたいと思っています。そのためには、俯瞰的にホテルビジネスを捉える視点を身に付けるなど、これから学ぶべき点も多くあります。また、当社には1年に1回自分の将来の希望を伝える機会があるので、そうした機会を利用して、新しい分野にも挑戦したいという思いもあります。それができるのが、日本ホテルの魅力でもありますから。就職活動では、私のポリシーでもありますが、第一印象を大事にしてもらいたいです。面接官と接する時間は限られています。自分らしさや意欲を理解してもらうためには、第一印象から明確に伝える努力をすべきだと思います。

先輩INDEX TOPへ
One day Schedule
  • 9:00出社。夜勤スタッフより業務の引き継ぎと情報の共有。フロントでチェックアウト業務。お客さまのお荷物の預かり、宅配便の手配。
  • 10:00当日の空室状況を確認し、ルームコントロール業務。翌日分の予約状況のチェック、販売に関する指示出し。シフトごとのスタッフの業務引き継ぎの確認。客室貸出備品の手配・客室修繕。
  • 13:00昼食。
  • 14:00チェックインの事前受付。通常は15:00からだが、当日の状況でチェックイン待ちの行列ができそうな時には、部屋の清掃状況をみながら、お客さまにご迷惑をかけないよう時間を早めてチェックインを開始することもある。
  • 15:00チェックイン業務。電話応対、予約の入力。宿泊プラン等の残庫管理。
  • 17:00夜勤スタッフへの業務引き継ぎと情報の共有。3カ月先のルームコントロール業務。
  • 先輩INDEX
  • 管理・営業部門
  • 管理・営業部門佐藤 大助 2009年入社
  • 管理・営業部門萱場奈津美 2008年入社
  • 宿泊部門
  • 宿泊部門留目隆史 2001年入社
  • 宿泊部門森下千愛 2012年入社
  • 宿泊部門吉野喬 2007年入社
  • 宴会・マーケティング部門
  • 宴会・マーケティング部門疋田伸五 2002年入社
  • 宴会・マーケティング部門竹本麻菜美 2008年入社
  • 料飲部門
  • 料飲部門松隈咲子 2008年入社
  • 仲川孝志 2008年入社
  • 料飲部門
  • 調理部門
  • 調理部門小林 明 2005年入社
  • 調理部門土屋 秀登 2008年入社
Home
  • Theme-1 STAR [個性の章]
  • Thema1
  • 私たちのホテル私たちのホテル
  • 先輩INDEX先輩INDEX
  • Theme-2 LINE [意思の章]
  • Thema2
  • PROJECT FILEPROJECT
  • 人材育成環境人材育成環境
  • 私のホテルマン人生ホテルマン人生
  • Theme-3 CIRCLE [共感の章]
  • Thema3
  • 採用メッセージ採用メッセージ
  • 会社概要会社概要
  • 募集要項募集要項
  • HOME
  • 新卒採用ENTRY
Home
ページトップへ